PRのネタ帳

ガーオンのPRプランナーが、広報・PRに取り組まれる方に役立ちそうな情報をお届けします

【勝手に分析】ヤフートップへのニュース掲載例(ビッグデータ×季節ワード×論争ネタ)

企業の商品やサービスが、ヤフーのトップページでニュースとして紹介されれば認知度も売上も急上昇します。

基本、宣伝費は一切かからず、一度載れば他メディアからの取材もバンバン入るため、多くの企業がここに出たいと希望されます。
しかし大企業以外の一サービスがヤフートップで紹介されることは極めて稀なのも実情です。

そうした中、本日家計簿アプリの「ReceReco」がヤフートップで紹介されていた事例がありましたので勝手に分析。

きのこの山」VS.「たけのこの里」戦争に決着!? 購買データ分析で“大差”あり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000031-zdn_n-sci 


f:id:kohopr:20140204232828j:plain

 

このアプリ、ManeyFowordと連携しているのでたまに使っていますが、レシートの文字認識が凄いので驚きました。

ヤフートップ掲載までの流れ

さて、通常のヤフーニュース掲載までの流れはこちらをご参考にしていただくとして、今回のヤフートップまでの流れは下記のような流れとなるようです。

 

2013年2月4日 9:00
ITmediaで掲載(企業発信のコラム記事)

きのこの山」VS.「たけのこの里」戦争に決着!? 購買データ分析で“大差”ありhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/1402/04/news016.html

  ↓
同日

Yahooニュースに掲載(転載)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000031-zdn_n-sci


2013年2月4日 21:00頃~

Yahooトップに掲載
たけのこの里、きのこに圧勝?http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/confenctionery/?id=6106083

 

5つのPR要素

記事広告やネイティブ広告が話題になっていますが、企業発信のコラム記事ということで、リリース配信からのパブシティを狙う際の参考になるのかは不明ですが、 

  1. 話題性もある「ビッグデータ分析」
  2. 季節性ネタの「バレンタイン」
  3. 果たしてどっち?という「論争ネタ」
  4. 調査結果の「インフォグラフィックス
  5. 記事調でない「柔らかい文章」

この5つの要素をうまく使い、かつヤフーニュース提供元であるITmediaを発信元としたことで、ヤフートップまで上手く掲載に至ったものだと考えられます。

 

PRのアイディアとしても、個人的にも非常に参考になる事例でした。

セブンイレブンやスーパーなどのPOSデータでもある程度は解析できるデータかもしれませんが、メーカーと販売店いう関係性ではなく、レシート分析アプリという、しがらみのない独自の立ち位置ならではのビッグデータ活用法と言えるかもしれません。

また近年ではアルファベット表記のサービス名も多いですが、記事にはしっかりと英語表記だけでなく、『「ReceReco」(レシレコ)』とカタカナ表記していることも、SEOにも効果的になるのではないかと思います。

個人的には「レシレコ」って非常に覚えにくいので、ネーミングはいまいちかと思うのですが。。。

実際のところ

さて、このままで終わると凄いPRアイディアだということで、感心したままで終わってしまうのですが、「ReceReco」の提供元であるブレインパッドは1月にヤフーと提携していたり、そのヤフーはITmediaの株主だったり、そのITmediaは2012年からブレインパッドのビッグデータの記事を書き続けていたりと、ヤフートップに掲載されるまでには、どうやある程度大人の事情も潜んでいるのかもしれません。

高須院長はPRが上手

そうした中、PRの上手な方も一緒にヤフートップに出ていました。

以前はヘリコプターに乗りながら高い宣伝費をかけTVCMを打っていた高須クリニックが、今は弱者救済戦法で名乗りを上げるだけで、無料でヤフートップに載ることに成功しています。

高須院長、「明日ママ」の次は窮地の大須演芸場を支援!「生き返らせるぜ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000037-rbb-ent

 

 

広告を非表示にする