読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PRのネタ帳

ガーオンのPRプランナーが、広報・PRに取り組まれる方に役立ちそうな情報をお届けします

インフォレストを高須社長が救うと面白い

小悪魔agehaを出版するインフォレスト社が事業停止を発表しました。

f:id:kohopr:20140418013404j:plain

雑誌「小悪魔ageha」など出版インフォレスト株式会社事業停止、債権債務の調査を弁護士に一任負債30億円
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3901.html

 

小悪魔ageha』の版元が倒産へ、全盛期から何が変わったのか

http://blogos.com/article/84624/

 

「小悪魔ageha」発行元事業停止 専属モデルら戸惑い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140417-00000086-spnannex-ent

今どき、紙にインクを刷って2ヶ月かけて読者に届ける。
このパターンがもう古いのかもしれません。

経営の裏に何があるか知りませんが、編集部員の方々のキュレーション能力と文章能力というのはやはり凄いと思うので、経営者側が紙とインクに頼ってしまっていると、こういうことになるのかもしれません。

メディア側は概して、何故か紙に拘ります。

伝えるのはコンテンツであって、メッセージであって、その手段が問題なのではないはずです。

朝日新聞のように、ジャーナリズムがジャーナリズムの価値を訴えるのではなく、このCMのように、ここまで落ちこぼれてしまうと、もう正直終わりかと思います。



読売も酷いですね。この届ける人達は必要なのでしょうか。
この方々の人件費やこのCMコストは、読者様・ユーザー様に換価されてしまいますよね。



 

小悪魔agehaガールの話に戻りますが、こういう時に期待してしまうのは数年前には毛嫌いされていた、高須社長かもしれません。

高須院長、次は大須演芸場を救う 滞納賃料肩代わりを申し出

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/02/05/kiji/K20140205007523230.html 

 

高須院長が安藤美姫選手支援に名乗りをあげた理由「子供を産んだら家庭に入るべきだとか、子供の父親は誰かとか、余計なお世話」

http://www.huffingtonpost.jp/2013/08/06/takasu_n_3716901.html 

 

救世主高須社長が倒産した出版社をデジタル出版で救う。

そしてPRでヤフートップ掲載。

小悪魔agehaガールを整形でViViガールに変身なんかさせてしまって。

けど負債30億だったらやりませんかね。YES、高須クリニック

 

広告を非表示にする