読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PRのネタ帳

ガーオンのPRプランナーが、広報・PRに取り組まれる方に役立ちそうな情報をお届けします

クッキーマン生産中止からPRを考える

事例

本日、ライブドアニューストップとMSNニューストップ(話題)に、「遊び方が分からない食玩が販売中止になった」というニュースが掲載されました。

f:id:kohopr:20140723220749j:plain

PRの視点からも非常に面白い動きなので、これを勝手に事例分析をしてみます。

このニュースは、ラムネ菓子メーカーのコリス㈱が販売する「フエラムネ」に付いているおまけ(食玩)シリーズの一種「クッキーマン」に対して、「使い方が分からないぞ」というクレームが消費者から相次ぎついには製造中止に至った、という内容をロケットニュースが報じたものです。

PRとして参考になる点

一部積極的PRを行っているガリガリ君を除き、ニュースにはなりにくい駄菓子系商材ですが、ファンとの関係性作りや話題作りという点から、非常に参考になる面白いPRケースです。

ご迷惑をかけたと謝罪しつつそこまで謝っていない点、
そもそも実際に迷惑がかかっていたのかという点、
おもちゃの使い方をメーカーが細かく指示する必要があるのかという点、
実は使い方はメーカーから提案していた点、
クッキーマンはなんと産学共同プロジェクトだった!という点、
数多くのコアなコリスファン(コリスハンター)が存在している点、

など、突っ込みどころ満載なネタであり、詳しく見ていくとこの会社が好きになってしまうという面白要素でいっぱいなネタです。

今回の露出を戦略で狙ってやっていたとすると本当に凄いわけですが、恐らくたまたまなのではないかと思います。

このネタからどのようにPRを学べば良いのでしょうか。

ライブドアトップ掲載までの経緯

まずは本日の記事掲載までの経緯を簡単にまとめてみます。

●7月1日
コリス株式会社がWEBサイトでおもちゃの生産中止を発表

f:id:kohopr:20140723214626j:plain


●7月17日あたり
コリスファン(コリスハンター)の間で製造中止が話題となる

f:id:kohopr:20140723223859j:plain


●7月23日 
ロケットニュースが取り上げる
「フエラムネの女の子用おもちゃが生産中止 / 購入者から「遊び方がわからない」との声が多数」

●同日 
ライブドアニューストップで掲載
「遊び方不明? 女児玩具が販売中止」

MSNニューストップ(話題)で掲載
笛ラムネ遊び方分からず生産中止

PRネタとしてのクッキーマン

様々なおまけを展開をし続け、コアなファンを築いてきたコリスの食玩
今回、槍玉に挙げられた(?)のは「クッキーマン」でした。

f:id:kohopr:20140723224045j:plain
(生産が中止され残念がるクッキーマン)

確かに何に使うのかと言われれば、素人目には全く分かりません。

しかし、駄菓子のおもちゃはコストの観点からも、そこまで目的を持った商品が少ないのも事実。

実際にクッキーマン以外のラインナップを見ても、正直同じように何に使うのか不明な商品が満載です。

ツイッター上では、クッキーマンを救えというハッシュタグや、「クッキーマンはこうして遊べ」といったつぶやきも見られます。

果たして本当に消費者からのクレームがあったのでしょうか。

それとも巧妙なPR戦略の一貫なのでしょうか。

クッキーマンはなんと産学協同プロジェクトだった!

f:id:kohopr:20140723222824j:plain

優秀なコリスハンターにより、このプロジェクトは2012年に発足した産学共同プロジェクトであったことが判明しました。

クッキーマンは叡智を結集させた産学共同プロジェクトだったわけです。

そもそもこの話題、なんとなく胡散臭かったり、ネタ臭がしたのは大阪の企業であったせいかもしれません。

それはさておき、このページには明確にコンセプトやクッキーマンの利用方法が明記されています。

しかし、コリスハンターによるとメーカーサイトからこのページへの直接リンクがなくなってしまったようなので、2012年のプロジェクト発足以降、何か大人の事情でもあったのかもしれません。

何故ヤフーでは取り上げられないのか

さてこのニュース、ヤフーニュースでは取り上げられていません。

何故なのか。

これは各ポータルサイトの記事提供元を比較すると分かりやすいかと思います。 

f:id:kohopr:20140723232122j:plain

こうして見るとロケットニュースに出ても、ヤフーニュースには掲載されないことが分かります。
(一部ニュースがヤフーネタりかに掲載されるだけで、ヤフーニュース本体には派生無し)

ゆるネタに弱いヤフーニュース

ヤフーニュース、ライブドアニュース、MSNニュース、これらポータルニュースサイトの御三家は自社で記事を書いているわけではなく、各メディアから記事の提供を受けてニュースとして配信しています。

それぞれ比較すると、ヤフーニュースは新聞社をメインに記事提供元と契約しており、ライブドアニュースやMSNニュースでは、ゆるネタ主軸となるネットニュースと主に契約していることが分かります。

詳しくは過去記事を参照ください。

ゆるネタでヤフートップを狙うには

IT系以外のゆるネタでヤフートップを狙うのであれば、ずばり「J-CASTニュース」「マイナビニュース」「ねとらぼ」がターゲットとなるかと思います。
(ヤフー映像トピックスから狙うという方法もありますがウルトラCなので除外) 

記事広告やネイティブ広告を展開する際も、こうしたポータルサイトへの発展性を考えて媒体を選ぶ必要があるかと思います。

前提として今回のコリス㈱のように、コアなファンをじっくりと形成していくのもPRには重要だと感じます。

 

コリス フエラムネ 8個×20袋

コリス フエラムネ 8個×20袋

 

 

広告を非表示にする