PRのネタ帳

ガーオンのPRプランナーが、広報・PRに取り組まれる方に役立ちそうな情報をお届けします

産経ニュースはWEBメディア攻略の鍵となるか

f:id:kohopr:20141001203107p:plain f:id:kohopr:20141001203249p:plain

本日10月1日、産経新聞マイクロソフトが共同運営してきた「msn産経ニュース」が分断され、それぞれ「産経ニュース」と「msnニュース」とに別れました。

これに合わせ、産経新聞でもPCでの紙面ビューアー対応が開始され、月額300~400円でPC上でも読めるようになりました。


iPhone/Androidアプリ→無料
iPadアプリ(産経HD)→月額1,500円
PC→月額300~400円

ポータルサイトと新聞社の関係

以前、下記関連記事でも書きましたが、ポータルサイトへのニュース掲載を狙うには、”ニュース提供社を狙う”ことが必要となります。


ここで今一度、各ポータルサイトと新聞社、ニュースサイト、キュレーションアプリとのそれぞれの関係をまとめてみます。

f:id:kohopr:20141001203520j:plain

msnニュースでは「朝日新聞」「毎日新聞」などが、ニュース提供社として新たに追加されたと見られます。

キュレーションアプリへのニュース提供ならびにチャンネル連携に関しては、毎日新聞が柔軟な姿勢を見せている模様。

産経新聞は狙い目!?

産経新聞は紙の部数こそ少ないですが「産経ニュース」に派生すれば、読売新聞オンライン同様、「ヤフーニュース」「ライブドアニュース」「msnニュース」と3つのポータルサイトに派生する可能性が高いです。

そして、1,200万リーチをほこる「LINEニュース」への提供社としては、今のところ新聞社唯一のメディアでもあるようです。

パブリシティを狙うのであれば、発行部数だけでなくこうしたWEBメディアへの派生も考慮して、ターゲットメディアを設定すると良いかもしれません。

最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書

最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書

 

 

広告を非表示にする