読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PRのネタ帳

ガーオンのPRプランナーが、広報・PRに取り組まれる方に役立ちそうな情報をお届けします

“見る人で変わる”interludeなどのインタラクティブ動画をPRにどう活かすか

事例 その他

f:id:kohopr:20151219161752j:plain
ジーユーは12月14日より、日本初となる新感覚ムービー「onomato mix(オノマト ミックス) by GU」を使ったプロモーションをスタートしたそうです。

日本初となるGUアプリ限定の新感覚ムービー「onomato mix(オノマト ミックス) by GU」 本日よりスタート | 共同通信PRワイヤー

何が日本初なのか、リリース内では明確に表現されていないのですが、これは「動画上で自分好みのストーリーを選択できるインタラクティブムービー」として日本初の試みということだと思われます。

イスラエル発のインタラクティブムービー

こうした動画機能は、イスラエルベンチャーの提供するinterludeが有名で、ボブ・ディランのアルバム発売キャンペーン動画でも評判となりました。

これは視聴者が自分の好きな選択肢を選びながら、自分だけストーリーを視聴できるというもので、モデルに好きな洋服を着せたり、メイクをさせたり音楽を変えたりと、一つの動画を再生しながらコントロールすることができます。

このinterlude、素材さえ揃えてしまえば、機能は無料で利用できてしまいます。

ちなみに最大の欠点は、PCとアプリからしか見られないというところ。

GUの動画はスマホでも動く!?

今回のGU企画はアプリ限定と記載されていますが、スマホでもブラウザ上で動かせる模様で、interludeとは異なるVawariというサービスを使っているようです。

なおこのGU動画の元ネタはinterludeのこちらの動画だと思われます。
http://interlude.fm/video/madewell

 

この機能を映画などに活用するとこうなります。


↑恐らくスマホだと見られないはず。ここがホント残念なとこですね。

21世紀のゲームブック

子供の頃、夢中になって読んだ方もいるかもしれませんが、この仕組みは懐かしのゲームブックにも似ています。  

ルパン三世 Pファイルを奪え! (双葉文庫―ゲームブックシリーズ)

ルパン三世 Pファイルを奪え! (双葉文庫―ゲームブックシリーズ)

 

 自分でオリジナルのストーリーを作っていくことができるため、これからのプロモーション手法としても期待される手法の一つだといえるでしょう。

今後の活用方法

近年、CMなど含めた動画コンテンツは単に見せて売る目的だけではなく、話題にさせた後のパブリシティを第一に狙った戦略が増えてきているそうです。

interludeのような新感覚動画も日本で先駆けて取り組めば、話題性も狙えパブリシティ効果も高いと思われますので、プロモーション手法としてもこれから要注目ではないでしょうか。

今後は、短編ドラマやAKBのPVなどでも使われるのも近いかもしれません。
左右上下をクリックするだけで、あたかも遠隔操作しているかのような空撮ドローン映像なんかができるととても面白そうです。

2016年はこうしたインタラクティブ動画が注目されるかもしれません。

ショートムービー作りでおぼえる動画撮影の教科書

ショートムービー作りでおぼえる動画撮影の教科書

 

 

広告を非表示にする